ebekoの日記

割と運任せに生きています。ゲーム攻略を書いたり、日常を書いたり。 私の好きなものについて語るための場所です。

省エネで生きたい

ebekoです。


ちょっと前に「パックに入った業務用アイスとか、ホールケーキの一人食いは、20代のうちにやっておいた方が良い。30代になると、とてもできなくなる」とツイッターで見た。

子どものころに夢見ていた食べ方は、健康状態とか考えたら今のうちやっておいたほうが良いぞ、とのことだろう。


私にはそういう願望はあまりない。でも20代のうちにしかできないと言われると、貴重だ。
そんなわけで、特別やりたいわけではないが、「出来るうちにやってみようかな」とぼんやり思っていた。



そしたらちょうど近所のスーパーで、でっかいアイスのパックが売ってたのでやってみた。ゴールデンウィークに何か記憶に残ることをしたかったのだ。

食べたのはこれ。小樽の食品メーカー「さくら食品」のイチゴアイス
冷凍ワゴンまるまる1個使って、このシリーズが販売されていたため見つけられた。

itigo




1kgのと2kgのがあったが、1kgでも相当きついだろうと思い、こちらにした(値段もそれなりにするし)。
我が家の冷蔵庫には、このアイスを入れるスペースがなかったため、本当に一気に食べた





さて、特に画像もないし結果だけ報告すると、無理というほどではないが、もうやらないと思った
最初は普通においしい。でも半分いったところで味に飽きが出てくる。

そしてどんどん溶けてふにゃふにゃになっていく。やはりアイスはそれなりに口に入れた時に形がある状態の方が美味しい。お腹が膨らまないのが唯一の救いか(溶けるから)。


何よりそのカロリー。100gで180kcalと書いてあったので、1800kcal取ってしまったことになる
おやつ1個で、成人男性の1日の摂取カロリーの半分以上を取ってしまったのだ。

そこそこ辛いうえに、太る。ものすごく損した気になった。
でも、さくら食品もアイスもまったく悪くない。責任があるのはそんな食べ方をした私だ。

まあ1kgにしといて正解だった。私びっくりドンキーでも150gのハンバーグディッシュで十分だし。



ところで、これはラクトアイスだったが、しっかりしたアイスクリームだったら、また違っていたのだろうか。
まあ再度実験することは絶対ないけど。





もちろん、夜にしっかりお腹も痛くなった
やろうと思った皆さん、覚悟しといてね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


友人と久しぶりに遊んだ。一緒にいて飽きない友人。

なんと最近、毎週札幌に戻ってきて(旭川周辺に住んでいるのに)、街コンに参加しているとのこと。それまではそんなイベントに興味持ってなかったから意外だった。

普段クールなその友人にしては珍しく、その街コンの面白さについて、熱をいれて語っていた。


街コン



なんでも友人は「あなたに興味があります」というカードを、多くの女性からもらうことに、快感を得たらしい。
最初は0枚の時もあったが、最近は2枚を安定してもらえるようになったと喜んでいた。

女性からそのカードをもらうのは、1枚でも大変なんだと。俺はすごいんだぞ、と。


「0枚になった時、ヤバイと思って、俺は色々研究したんだ。休憩時間に係員と話したり、情報を集めたんだ」。

その研究で何がわかったのかというと、「自分が面白いと思う話で盛り上げるのではなく、相手の話を引き出す方が良い」。ほうほう。
この戦法を使い直近2ヶ月で、6人とデートしたらしい。





しかし、ここからが問題。1回目のデートで変な空気になり、そのまま自然消滅してしまうという。

心当たりはないのか、と聞くと「デート中にボケたら滑った」と言っていた。その後会話が弾まなくなったのだと。
この友人、大のお笑い好きなのである。好きな芸人はナイツ。


「なんでボケちゃったんだよ」と聞くと、「いや、どうしてもボケたくて……」と言っていた。初デートで何やってんだ、と思った
女性はそんなもの求めてないだろ。仮に理解あっても、初回ではやるなよ。

「いや、高度じゃなくて分かりやすいボケだったんだよ!?」と弁明してきたが、そういう問題じゃない。



そこからは、「女の子にツッコミを求めるんじゃない」「狙ってボケを入れようとするな」「お前のボケにツッコむために、デートに来ているんじゃない」と諭した。

でも結局「めちゃくちゃ可愛い子と、ツッコミがめちゃくちゃ上手い子がいたら、どっちを選ぶの?」と聞いたら、「……ツッコミ」と答えた。
重症である。



終いには、「俺は彼女を作りたいんじゃない!カードをたくさん集めたいんだ!!」とかまで言い出した。

あと「友達と参加できる、集団の街コンもあるから、ebekoも来てくれ。俺がボケたらツッコんでほしい」とも言ってきた。
何しに行ってんだ、お前


彼の街コン参加は、まだまだ続きそうである。





ところで、「街コンってそんなに気軽に参加できるくらい安いの?」と聞いたところ、「いや、2ヶ月で5万使った」と言っていた。
ちょっとした株買えるじゃねえか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


先日、プチ鯛焼きを買った。スーパーに期間限定出店してた店で。名前は「札幌天神 プチ鯛焼き」って名前だった気がする。

プチ鯛焼きって、案外一口茶屋以外では見たことがない。 珍しさにひかれて買った。


DSC_2348



ところがネットで調べても何も出てこない。

そこで、店のおじさんに「常設店舗はあるんですか」と聞いたところ、「いや催事専門で常設店舗はないんだよ」と言っていた。ちょっと残念。

じゃあなんで札幌天神という名前なのかというと、単に近くに住んでるからとのこと。そんな理由で名前を付けて良いんだろうか。



その理由として「なかなかこの鯛焼きだけじゃ、売り上げが上がらないからねえ」「学校の前に出店したらどう?って言われるんだけどねえ。女学生が買いに来てくれそうだし」とか答えてくれた。

おじさん、まさかの「女学生」呼び。でも20個買ったら8個くらいおまけしてくれるいいおじさんだった。
それで750円とかだったから、まあ納得の値段だった。

しかも「小倉」「キャラメル」「いちごクリーム」「カスタード」「チョコ」「チーズ」と種類が多いのも嬉しかった。
邪道だけどチョコ鯛焼き、好きなんだ。



200個買ったら、100個くらいおまけしてくれるんじゃないか
また期間限定で良いから来てほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


相変わらず簿記2級の勉強をしている。本当は4月末に試験を受けようと思っていたのだが、間に合わなかった。範囲が広すぎる。

そして覚えられない。特にふざけんなと思うのがこれ。
連結精算表の下書き。間違ってるかもしれないが、以下がその手順。



「支配獲得日」


資本金    子会社株式

資本剰余金  非支配株主持分

利益剰余金

のれん



「連結1年度」


資本金(期首)     子会社株式

資本剰余金(期首)   非支配株主持分(期首)

利益剰余金(期首)

のれん


のれん償却→利益剰余金(期首)  のれん

非支配(略)当期純利益→(利益剰余金(期首)) 非支配株主持分

受取配当金(利益剰余金(期首)) 利益剰余金(期首)
非支配株主持分(期首)


売上高(相殺消去)    売上原価

買掛金(相殺消去)    売掛金


貸倒引当金  貸倒引当金繰入(利益剰余金(期首))

売上原価(利益剰余金(期首))  商品



「2年度開始仕訳」

資本金(期首)    子会社株式

資本剰余金(期首)  非支配株主持分(期首)(借り方の合計と貸方の合計が合うように)

利益剰余金(1期の剰余金を借方-貸方で新たに求める)(期首)

のれん(1期ののれん借方-貸方)


貸倒引当金(1期のをそのまま写す)  貸倒引当金繰入(1期のをそのまま写す)

利益剰余金(期首)(1期のをそのまま写す)  商品(1期のをそのまま写す)



「連結2年度(ここから期首はつかず、利益剰余金にも変えない)」

のれん償却   のれん

非支配(略)当期純利益  非支配株主持分

受取配当金    利益剰余金 
非支配株主持分


売上高  売上原価

買掛金  売掛金

貸倒引当金(足りない分) 貸倒引当金繰入

商品(2年度開始仕訳の逆仕訳) 売上原価

売上原価     商品




連結第2年度の連結精算表を出すのに、正攻法でやるとこれだけの作業が必要なのだ
たった1年分なのに、支配獲得日の仕訳から移す。

本来記入する、肝心の金額の部分を書いていないから、簿記をやっていない人には尚更分からないだろう。でも簿記2級をやっている人ならば、なんとなく「あるある」と分かると思う(表示がズレていない限り)。


見てわかる通り、長すぎ。なんとかもっと簡略化できないのか。初学者覚えられるかこんなの。
誰かもっと簡単な仕訳の仕方を提案しろ。



何が恐ろしいってここからさらに連結精算表に記入もしなきゃいけないのだ。この鬼!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


書いていない気がするが、今期のプリキュア「トロピカルージュ!プリキュア」をしっかり見ている。
今作はギャグテイスト多めであり、声優も知ってる人が多い。やはり私はギャグが多めの方が好きだ。


今回の話では、主人公のまなつは小テストで9点を取っていた。もちろん100点満点での話。

9点



元気な子だから勉強苦手っぽそうだな~(何作品か見ると分かるが、そういう傾向があるのだ)と思っていたが、ここまでとは。私が言うのもなんだが、完全なバカキャラだ。


中学生の小テストで赤点は洒落にならない。親御さんも絶望だ。強制的に塾に入れられるかもしれない。でもカリスマ性と行動力は抜群だから許されている(多分)。





ただ現実には、勉強も運動もできない上に、元気でもないしコミュニケーション能力も低いという人もまあまあいる気がする。これらの中でひとつ長所がある方だけでもマシなのだ。

でもそんなやつはプリキュアにはいない。いても困る。そこで「教育の現実」を突きつけられても視聴者がどんよりするだけだ。そこはまだ救いがあるな、と思う。



でも10年も経ったんだし、そんなヤツが現れるのも面白い。


まず部屋から出てくれないから、外に引っ張り出すところからスタート。ただ出てきたところで、頭も悪いし運動もできないし、戦闘でも弱い。足を引っ張る。

そしてメンタルも弱いので、すぐ「もう私プリキュアやめる」っていう。なんなら5話に1回くらいで敵側に寝返る。決死の最終決戦でも「話し合えば分かる!!」とかほざく。



そんな救いようがないプリキュア。
そいつを見て、子供が「こいつみたいにはなりたくねえな」と、反面教師となるのだ。

「今作でシリーズ終わるし、めちゃくちゃやっちゃえ!」となったら、そんなのを作ってほしい。
まあ途中で切るかもしれないけど

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ