ebekoの日記

割と運任せに生きています。ゲーム攻略を書いたり、日常を書いたり。 私の好きなものについて語るための場所です。

省エネで生きたい

ebekoです。


80年代~90年代にかけて、政界の中で力を持ったのが竹下派(経世会)である。
田中派を継いだ(「乗っ取った」に近いが)、自民党の最大派閥である。


七奉行



もちろん派閥の親分である竹下登、金丸信だけでなくその子飼いの子分も、大きな力をふるった。
その著名な子分を「竹下派七奉行」という。

しかしその後その幹部たちが順調な政治生活を送れたかと言うと、そうでもない。
簡単に言うと、派の中で「竹下チーム」と「金丸チーム」に分かれて争うようになったからだ



そして2001年には小泉純一郎の登場により、主流派閥は清和会へと移ってしまった。
栄枯盛衰とはこのことかもしれない。

今回はそんな奉行たちの、その後を見ていこう。





<竹下チーム>


小渕恵三

竹下の実質的な後継者。竹下内閣の官房長官時代に「平成おじさん」として有名に。
「人柄の小渕」と呼ばれ、敵が少なかったのも特徴。橋本の跡を継ぐ形で総理に就任。

就任当初の支持率は低かったものの、いろいろなパフォーマンスで徐々に支持率を上げていった稀有な存在。
しかし総理在任中に病に倒れ(のち退陣)、死去。

同年に竹下も死去。小渕以降の後継者が育っていなかったことから、竹下→小渕の系譜である経世会は勢力を弱めていくことになる。



橋本龍太郎

甘いマスクで、女性の「龍サマ」人気をつかみ、90年代初頭には総理候補に。
しかしその反面、不勉強な相手を徹底的にやりこめるなどの気障な面があり、一匹狼であった。

自民党の政権奪還後総理を2年以上務めたが、不良債権問題などの責任を取って退陣。
その後再度総裁選に立候補するも、小泉純一郎に敗れる。

その後は後継者がいない、旧小渕派の暫定のボスとして活動を続けていたが(橋本本人も向いてないのを分かって承知した)、歯科医師会からの献金問題が発覚。政界も引退するがその後亡くなる。



(梶山静六)

新党分裂の際自民党に残ったが、本来は竹下より金丸に近い。だが一応竹下派扱い。
宮沢内閣時代に幹事長を務め、橋本内閣では官房長官を務めた。

ただし55年体制の幕引きのタイミングで幹事長となったため、総選挙で大敗したあと党内からは戦犯扱いされた。

しかも竹下からは「幹事長から官房長官になったやつがいる」と揶揄されたように、後継者としては見られていなかった模様。
総裁選にも出たものの、小渕に敗北。その後まもなく死去。





<金丸チーム>


小沢一郎

2022年現在、竹下派七奉行唯一の存命者。自民党幹事長時代は大きな権力をふるった。
その反面独断専行も目立ち、派内でも「一・六戦争(小沢と梶山の争い)」「一・龍戦争(小沢と橋本の争い)」などの対立を引き起こした。

自民党離党後も自自連立で与党となったり、民主党の党首になったりと、「野党の顔」的存在だった。

しかしそのあとは党をころころ変えるなど迷走。権力者だった時代の面影はなく、小選挙区で落選するほどに。先日の事件に関する発言も問題視された。



奥田敬和

重要閣僚や党三役などのポストを務めたことはなく、どちらかというと裏方での活躍のほうが多かった。
重要ポストに着けなかったのは、竹下派旗揚げ時に参加しなかったことも原因か。

そのせいか他の七奉行と比べ、知名度が微妙な気が……。その後結構早くに死去。



羽田孜

新党ブームに乗り(新生党党首)総理となるも、すぐ退陣。実績は「省エネルック」「官邸直通のファックス設置」くらいのもの。
その後は民主党の最高顧問になったりするも、ほとんど目立たなかった。

金丸に近かったはずだが、その金丸の評価も「平時の羽田孜」という良いんだか悪いんだか、というレベル。
そして自民党時代の迷走で、金丸にも愛想をつかされたという。

人の悪口を言わない竹下からも「ここまで無定見とは知らなかった」と言われてしまった。
両ボスから信頼を失うという時点で、羽田の能力の限界は見えていたかも。



渡部恒三

「おしゃべり恒三」と呼ばれ、竹下派の旗揚げに誘われなかったという逸話を持つ。
また議員の中では、ユーモアのある発言ができるタイプだった。

ただし初当選時、当時の幹事長田中角栄の追加公認の誘いを一度断るなど、頑固な面もあった。


自民党政権で、厚生大臣や通産大臣を務めた後、新進党に参加。その後民主党に入党。
自民党と民主党の両方で、国会対策委員長を務めるなど、どちらかというと裏方としての活躍が多かった。

引退後に死去。晩年小沢一郎との確執が噂されたが、七奉行の中では、一番幸せな晩年を迎えられたという見方もできるかも。





「YKK」「麻垣康三」の時代もほぼ終わり、政治の中心となってるのは次の世代。
竹下派七奉行はすっかり昔の存在になってしまった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


子供のころ、野口英世の伝記を読んでた。漫画で学ぶシリーズのやつ。




この漫画で覚えていることは、野口英世のお母さん(野口シカ)が、結構美人でかわいい感じに描かれていたこと。
基本的にこの話には女性が出てこないから、ヒロインに仕立て上げようとしたんだろうか

実の母がヒロイン枠って「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」以外に聞いたことない。




で途中までそのかわいいタッチのまま(英世が世界で認められたと故郷で知るまで)徐々に老けていってたのに、英世が帰ってくると完全におばあちゃんになっていた

英世が世界で認められ、故郷に帰ってくるまで僅か2年。
2年の間に何があったというのだろう。

さすがにこの年でこんな可愛いわけないっすよ」と編集からストップが入ったか。





中には、英世の帰郷を願うお母さんの手紙も載っていた。
字を習ったことのないお母さんが、一生懸命書いたもの。英世の母と言えばこれだ

でも思いを込めた「いしよの いしよの たのみでありまする」の一文も、本来感動するはずだが、字面だけ見るとなんか面白い。


取引先から「のうひんは もうすこし まてくだされ いしよの たのみでありまする」というメールが来たら、笑ってしまうかもしれない。

というかメールだったら漢字に変換できるな。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


人間は良いことが起こった後に不幸なことが発生すると、「これでプラマイゼロ」ということで逆に安心するらしい。

不幸なことばかり起こると当然きついが、良いことばかりでも「何かこの後大変な目にあうのでは」と心配になってしまうのだそう。

でも私としては、そんな心配はしないので良いことだけ起きてほしい。
むしろいつも「今まで不幸だった分、いつ良いこと起こってくれるんですか?」のスタンスである。




そもそもプラマイゼロと言っても、私はマイナスのほうが圧倒的にでかく感じるタイプだ
だから良いことと不幸なことが1個ずつ起こったとしたら、不幸なことしか頭に残らない。

お金の場合もそう。


例えば1万円手に入ると嬉しい。でもそれは1万円失った時の気持ちとは釣り合わない。
圧倒的に1万円失った時のダメージがでかい

いうなれば、マイナスで受けるダメージは同額のプラスで受ける幸福感の2倍なのだ

だから株で2万円儲けたとしても1万円損したら、気持ち的には「あ~、全然うまく行かねえな」になる。
本当はそれでも1万円得してるはずなのに。

一度手に入れたものを手放すのは辛い」とはよく言ったものである。
それとも私がネガティブなのか。




将来もこんな感じで生きていくのだろうか。
たとえ宝くじで1億円当たってめちゃくちゃ喜んだとしても、5000万円詐欺で取られたら「不幸だ」と思ってしまう人生。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


先日お笑いライブに出たことを書いた。
漫才ありコントありトリッキーなネタあり……とかなり刺激をもらった。

もう2日経ったが、まだ結構余韻が残っている。
アマチュアでもすごい人はすごいのだ。



ところで場数を踏んでいる人の中には、きちんとステージ衣装を用意したり、音源を作ってそれと掛け合いをする、なんて人もいた。

そういう人を見ると「おお、プロだ」となんとなく思う。
私は、普通の音源を流しただけだったので。


舞台に限らず、例えば今日のコミケでも、「ヤマダ電機のコスプレ(店舗外観を丸ごと再現している)」をした人がいた、と言うのが流れてきたが、本当にすごい技術だなと思う。

そりゃ最初から全部出来る人なんかいなくて、経験を積んでそういう表現方法が可能になった人が大半だろうけど。





私は今のところ、

・イラスト→描けない
・動画・音楽編集→簡単なのしかできない
・写真加工→どうしたらいいか分からない
・工作・衣装製作→ 何したらいいかすら分からない
お金→もちろんない


と、ほぼクリエイティブなことはできない状態。
外注するとかしないと、ちょっと凝ったことができないのだ。

この中の一つでも自分で出来たら、もっと作りこまれたネタができるんじゃないかと思う。
でもそれほどの熱量を持って、日ごろから技術向上とネタ作成に取り組めるかと言うと……う~む。

まあ、それは本格的にお笑いをやる時が来たら考えればいいか。






余談ですが、今回私がやったものまねメドレーの中身は、ムーンライト伝説に乗せて


桑田佳祐→氷室京介→美空ひばり→小林旭→布施明→玉置浩二→美川憲一→沢田研二→吉川晃司→武田鉄矢


を次々にやるネタでした。全体的にベタですね。
皆さんもぜひ、やってみてください
このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


先日実は、こんなところに行ってきました。

DSC_0165


札幌市の平岸にある「DARUMA Hall」。
ここで開かれた、「HOKKAIDO-1グランプリ」という、お笑いの大会に参加してきました。

観客ではなく、出場者側で

理由としては、お笑い好きとして「つまらないと文句を言うのは簡単だが、実際の演者の苦労や舞台の裏側も知るべきじゃないか」という思いからです。

知り合いにキングオブコントに出場した方がいるので、それに触発されたというのもあるかも。




とはいえ素人の私は持ちネタなんかないので、相当悩みましたよ。
でもこの回を持って、一旦この大会の一般出場は終わってしまうので、ええいと思い切ってエントリーしたというわけです。

本当に迷ったので、エントリーは締め切りの1分前でした




さて、こういう舞台に上がったことがないので、当日は早めに到着。
リハーサルも申し出ました。

で、まず会場についていろいろ観察して分かったこと。



・当たり前だが、会場内外いたるところでみんなネタ合わせしてる。壁に向かったりして。

・マイクの音量、曲の流すタイミング、曲の終了時など細かく決める。

・スタッフなのか出演者なのか客なのか、分からない人がいる。

・控室はピリッとまではしてないが、若干重めの空気。

・暗転やマイクの種類、小道具の用意など、色々指定する必要がある。NSC所属の方に聞いたところ、もっと細かく指定が必要な場合もあるとのこと。


こういった部分はなかなか観客側からは、分からない部分だと思います。
売れっ子は当たり前にこなしてそうなことでも、意外と大変だったり面倒だったり。





そして出場者も様々。
学生同士のコンビ、親子コンビ、芸歴20年のコンビ、相方が金魚やアレクサの方……。

しかし全員笑いへの情熱はたっぷり。
出場を誰にも告げず一人ぼっちで参加した私は、その熱量に飲み込まれそうになりました。


それに対して私がネタとして出したのは、ものまねメドレー
大ウケとまではいかなかったものの、なんとかゼロ笑いにならずネタを終えることが出来て一安心。

他はコントや漫才なので、ジャンルがかぶらなかったのも大きかったかも。
そして前の席の方がよく笑う人でよかった。ホント




ベスト3には入れませんでしたが(そりゃそう)、司会のやすと横澤さんのお二方に色々いじっていただけたので、大満足!

終わった直後のMCでかなりいじってもらえて、それ以外のMCでも、ちょこちょこ。
さいきん良いことがほとんどなかったため、えらく承認欲求が満たされました

お二人の冗談かもしれませんが、チャンピオン大会のオープニングアクトに指名されそうにもなり、変に焦ったり。





しかし初めてやってみて、「ネタを作って披露する」ってこれほどエネルギーを使うとは思いませんでした。

この記事を帰ってから書いてるわけですが、3分ネタやっただけで疲労困憊
これを生業としているプロのお笑い芸人の皆さんは、本当にすごい。

私だったら毎日のようにネタ作ってたまに披露なんて、到底無理。
お笑いを見る目が変わったような気がします。



最後に今回改めて思ったこと。
映像を通してでなく、生で見る舞台ってやっぱりすごいですな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ