ebekoの日記

割と運任せに生きています。ゲーム攻略を書いたり、日常を書いたり。 私の好きなものについて語るための場所です。

省エネで生きたい

ebekoです。「聖徳太子は誰に殺された」という本を読んでいます。

聖徳太子は実在しなかったと数年前から言われていますが、その一族を滅ぼした蘇我入鹿も実在しなかったという説があります。なんでも中大兄皇子と中臣鎌足が入鹿を殺して政権を奪ったことを正当化するために、のちの皇族が考えたそうです。「『存在しない蘇我入鹿』をつくった説」をはじめ、その他にもいろいろな説が書いてあります。
中でも「聖徳太子と蘇我入鹿は同一人物だった」説なんかは面白いと思います。

案外いろいろな理由で「つくられた人物」っているのかも…。
呪術で天皇の座に就こうとした道鏡。
源義経の側近として活躍した武蔵坊弁慶。
謎の絵かきとして知られる東洲斎写楽。
大人の雑誌の最後に載ってる両脇に女性をはべらせた札束風呂に入ってる人。
突然メールで「お金を振り込ませてください。」と言ってきた未亡人。

最後の二人は是非とも会ってみたいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は従兄弟の結婚式に行ってきました。お嫁さんもきれいで華やかな式でした。でもそういった式で出てくる料理って高級感はあるけど量が少なくありませんか?
ローストビーフ、焼きアナゴのスープ、パンプキンリゾット、オマール海老のソテー、特製パン…ここまでオシャレな必要あります!?もっとがっつり食べたい人もいるんじゃないですか?
鶏のから揚げ、ワンタンスープ、チャーハン、さんまの塩焼き、ランチパック。これで私は十分です。

こだわって作ってるホテルの人、ごめんなさい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

私は歴史が好きなのですが、みなさんは好きですか?歴史は日本史や世界史を指すことが多いですが、普通の人の人生も歴史の一つで、おもしろいものだと考えています。
昔、私の曽祖父の話を聞きました。曽祖父は東京に住んでいたのですが、ある時思い立って3台の乗用車とともに北海道に引っ越し、タクシーを始めたそうです。当時北海道についての情報もそれほど多くない中で、生まれた土地を離れて暮らすことを決めたというのは、何か理由があったのだと思います。曽祖父について知っている情報はそれだけなのですが(笑)。
しかしこの情報だけでも曽祖父が相当なチャレンジ精神を持って北海道への移住を決めたことはわかりますし、これが「人生最大の賭け」だったことは何となく想像できます。今のように失敗したからといって東京に戻ってくることはできなかったでしょうから苦労の連続だったに違いありません。
この話を思い出す度、思うことが二つあります。一つは平坦な人生はなくてひとつひとつがドラマなのだと。もう一つは当時に比べて今は多くの情報を手に入れられるなどチャレンジするハードルは相当下がっているので、どんどん未知のジャンルに挑戦したり、外の世界に飛び出していき経験を豊かにして、おもしろいドラマをつくるべきだと。そして新たな「歴史」をひとつつくりたいなと思うのです。先人を見習って。

ちなみに今私は「二度寝」というジャンルに挑戦しています。外の世界にはいつ行けるのでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

3DSのダウンロード版で懐かしい「ポケモン金銀」が出来るのでプレイしています。初めてのポケモンでした。祖父母から当時買ってもらったのですが、電池切れでデータが消えてしまったので久しぶりにプレイできるのがとても嬉しいです。
ただ思い出すとゲームの進め方は下手でした。バクフーンだけ育ててあとはひでん要員…。レッド戦までそれで進めてしまったのです(笑)。そのパーティはバクフーンLV90、ポッポLV2、オタチLV3など。
当然勝てませんでした。また技の構成もかえんほうしゃ、いあいぎり、かえんぐるま、スピードスターという今なら殿堂入りすらままならない構成でした(笑)。それなのに果敢に(無謀に)友達にポケモン勝負を挑み、水ポケモンに一発でやられていました。
なのでポケモン金銀は懐かしいと同時に、当時のバカな自分を思い出させてくれる宝物なのです。

先日友達との対戦でてんのめぐみ特性のトゲキッスに、おうじゃのしるしを持たせてエアスラッシュを連発していたら通信切られました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして!ebekoと申します。
日々自分が思ったことを書いていこうと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ