ebekoの日記

割と運任せに生きています。ゲーム攻略を書いたり、日常を書いたり。 私の好きなものについて語るための場所です。

省エネで生きたい

ebekoです。


先日購入した、くりぃむしちゅー上田の本を読んでいる。もともと博識なことは知っていたが、それにしてもここまで幅広くのジャンルに触れているのか、とびっくりした。

熊本の進学校を出て早稲田大学に入っているのだから、もちろん自頭は良いことは確か。だがそれにはとどまらない知識量である。スポーツや歴史はもちろん、ゲームや映画も絡めてくる。

これに旅行や娘とのエピソードトークも入ってくるのだが、どれもハズレなし。なかなか本で笑うことなどないのだが、結構吹き出してしまった。



きっと生き馬の目を抜く芸能界で生きてきた、血と泪の結晶なのだろう。
いやそもそも本人もうんちくを蓄えるために一時期受験の時期より勉強した、とも述べていた。

やっぱり七股してた男は違うなあと思った。




さてこの本の大きな特徴として、上田得意の「たとえツッコミ」が頻繁に入る。

有名なところで言うと「あみんでもそんなに待たねえよ!」とか「ぞろぞろついてきてっけど、これロッキーの撮影じゃないのよ~」とかああいう感じのやつだ。

というかそれに絞った章まで設けられている。上田ファンにはたまらない。



人によってはなんでそんなに分かりにくいツッコミをするのだ、と思う方もいるかもしれないが、これこそが上田の武器の一つでもあり、味でもある。

笑いが起きなさそうな場面でも、笑いの可能性を生み出せるのだ。


本来ボケがなければツッコミは成立しないが、このツッコミは前段階にちょっとしたセルフボケを入れることで、誰もボケていない場所でも発動可能。

これは上田が確立したツッコミと言ってもいいだろう。



もちろんこれは上田の幅広い知識と、状況を組み合わせるセンスの高さがあって成立するものである。
頭の引き出しがたくさんないと、成立させることすら難しい。

私の中では、さまぁ~ず三村の「ポンコツツッコミ(見たまんまをいうだけで、ツッコミにもなっていないツッコミ。指摘が間違っていることすらある)」と並び、大好きな変化球ツッコミである。




思えば教育テレビの「天才ビット君」で、謎の執事シンヤとして登場したのが、私にとっては初めての上田晋也だった。その時は「なんだこいつ」としか思わなかったが。

しかし瞬く間に上田は、笑いの金メダル、リチャードホール、銭形金太郎、世界一受けたい授業、日本の過去問など活躍の場を広げていった。バラエティはもちろん、スポーツから政治まで。


それでいながら「太田と上田」では、爆笑問題太田との巧みなトークも見せてくれる。
「日本一の司会者」「メディア王」なんていじられることもあるが、あながち間違ってはいないと思う。

カバーできる範囲で言えばダウンタウンより広いし(個人的には)、あと10年後、上田は芸能界でも相当上の位置にいるのだろう。ビッグ3もさすがに10年後は80近くなので、第一線にはいない……と思う。




こんな風に、少年時代に駄菓子屋で万引きに失敗した割には、かなりの成長を遂げている上田晋也
これからも悪徳司会者として頑張ってほしい。



 





このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


ドラえもんの道具に「出前電話」というものがある。電話1本でなんでも届けてくれる道具だ。
しかも相手は断ることが出来ない。その名前の平凡さに反して一種の洗脳道具だ。怖い。


しかしゲームや映画版では、その名の通り電話をかけると出前を持ってきてくれる、という道具であった。ひょっとすると作者もよく効果を覚えてないのかもしれない。

見た目はほぼ黒電話だった気がする。少なくとも携帯電話とか小型のものではなかった。



あれは固定電話しかなかった時代、しかもそれを引くのにかなりのお金がかかった時代だから、ひみつ道具として登場出来たのではないかと思う。

だって今なら出前なんかスマホか携帯ですぐ、なんならウーバーイーツでそれを実現できてしまうのだ。夢の道具でも何でもない。忙しい人や出不精な人に便利なサービスである。





そんな道具が果たして、22世紀で本当に使用する機会があるのだろうか。
まあそう思えるくらいに、現実でのサービスや技術も進化してるという話なのだけど。


 



このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


私はリンゴジュースを毎日飲む。生まれた時から飲み物と言えば、リンゴジュースだ。
本当に飲み始めてから、一日も飲むのを欠かしたことがないくらい好きだ

漫画喫茶やカラオケ、レストランでも一人の時は迷わずリンゴジュースである。
というわけでうちの冷蔵庫にはいつもリンゴジュースが常備。

下手すりゃ一日で1本(1L)開けるので、一時期父の酒代よりも金がかかっていたこともある。



さてそんなリンゴジュース好きな私は、近所のスーパーへも週2のペースで買いに行く。

当然向かうのは牛乳とかがある冷蔵ケースのほう……と思いきや、そこには行かない。
常温の缶やペットボトルが置いてあるコーナーに向かう。

この中に狙っているホテルブレックファーストがあるのだ。



なぜそれを狙っているのかというと、設定ミスで値札より安く買えるから。値札より30円くらい安い。
私としてはありがたいので、申告せずにそのままにしておいてる。

冷蔵コーナーに置いてあるジュースより割安なのである。


しかもそこのコーナーでは水やお茶がメインであり、ジュースは目立たずにこっそり置かれている。
そのせいか、全く売れていない。私だけが得をしているようなものだ




冷蔵コーナーのジュースを買う人を見ると「もったいねー」とほくそえんでいる
いつまであの値段のままなのか確かめるのが、ここ最近の日課である。 




 




このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


お金というのは、貯めるのは大変なのに出る時は一気に出ていくものだ。
家電が壊れる時、一斉に壊れるのと同じだ。色んなものの支払いが重なる。

私にとっては今月がちょうどその月だった。クレジット支払いや資格試験検定料の支払いやらで、一気に口座からお金が減った。トホホ。


せっかくそこそこの額が入ってきたのに、相殺されてしまった。




「お金は寂しがり屋だから、仲間のいるところに集まってくる」とは言われるが、集めたところで私の所へ帰ってきたことは一度もない。あいつら帰巣本能どうなってんだ

いくら節約しても交通費をはじめとして、削減できないものは結構ある。
食費だって多少は必要だし。娯楽費も減らすにしろゼロには出来ない。



そんなわけで正直な話、今月はかなりの金欠だ。ここに書くレベルの。

ただ幸いにも、友達の誘いとかないことが幸いだった。まああったとしても「ちょっと今月厳しくて……」と断ることになっていたと思う。



おまけに今日は、くりぃむしちゅー上田の本を買ったことで、その少ない手持ちがさらに減ってしまった。




もはや札すら1枚もない。あるのはブックオフのクーポンのみ。とうとうその辺の小学生に所持金で負けそうだ。



おい上田、本代高いぞ、なんとかしろ




 




 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


今日はとても嫌な夢を見た。遅刻をして友人に謝っている夢だ。
しかも自分でもよく分からないけど、泣いて謝ってた。理由は分からないが。

よっぽど重要な約束をすっぽかしたのだろう。詳細は覚えていないが。
現実では絶対に起きてほしくない。



こういう嫌な夢を見ると、夢から脱出できた嬉しさですっと目が覚める。というか二度寝したくなくなる。若干怖くて。

ちゃんと体を休められてるのか心配にはなるが。




さてそんな今日、夢と同じく約束の時間に遅刻した
時間を勘違いしてたとかじゃなく、日付ごと勘違いしてたのだ

1週間後の予定だと思ってたら、今日だった。単位が違う。
だから約束の時間に家でのんびりテレビ見てた。 


そして予定は1時間遅れ、相手には平謝り。その語ずっと肩身の狭い思いをした。
本当に申し訳ございませんでした。

思えばあれは予知夢だったんだろうか。
プレイしようとしてたゲームが全然起動しなかったのもそれか。


私は「さっさと起動しろ!」と怒っていたのだが、わざとだったんだな。
ごんぎつねみたーい。

とこんな風に書いてますが、内心結構へこんでます。





 



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ