ebekoの日記

割と運任せに生きています。ゲーム攻略を書いたり、日常を書いたり。 私の好きなものについて語るための場所です。

省エネで生きたい

ebekoです。


またYouTubeの話になってしまいますが、「大御所が批判・苦言をする動画」というのを見ました。たまたまおすすめに出てきたので。

藤山一郎や淡谷のり子、立川談志(かなりの歌謡ファン)などが「最近の音楽は分からん」「若い人の音楽はめちゃくちゃだ」なんてのを述べる内容で。そのジャンルで食ってきた人がほとんどなので、辛口です。

まああくまでそういう質問をされてるから、正直に答えてるだけなんでしょうが。
普段わざわざ言わないことも。



歌謡曲好きの私としても、部分的には納得は出来ます。最近の歌は覚えにくいし、あんまり耳に残らないんですよ。CMとかでヘビーローテーションしてても、サビがちょっと頭に入るかな。という程度。

昔の歌より「何か薄っぺらいな」「売ることを狙った作品っぽいな」と感じることはたまにあります。
でも中には、よく聞いたり自分で歌ってみたら「これはこれで良いな」と思う作品もあるわけです。


つまり東海林太郎から米津玄師まで、それぞれ魅力があるのです。





でもですよ。どの業界もジャンルも、新しい世代が出てくれば新しいものが生み出されるわけです。
変化がないことなんてありえないわけです。

そんな中で「我々がやっていることが正義だ」と言わんばかりに、他の人や若い人の作品を批判するのはどうなんでしょうか。そもそも正義も何もあるもんですか、と言いたい。

歌ほど表現方法が多様で、正解がないジャンルもないですし。邦楽好きとして私はそう思います。



じゃあここであえて、「究極の古典主義者」になったつもりで、色んなものに意見を言ってみましょうか。


本物の古典落語を学びたいのなら、「落語チャンチャカチャン」なんてふざけたことをやってる談志なんて、聞いちゃダメです。圓朝の速記本を読みなさい。

演歌になんだかんだと文句付けてますが、藤山一郎だの淡谷のり子だの、あんな声楽家崩れの音楽なんかたいしたことないでしょう。滝廉太郎を聞きなさい。

「マヂカルラブリーは漫才じゃない」?審査員のやつらだって喋りまくるだけで、お囃子も鼓もないじゃないか。漫才勉強しなおせ。


……とまあこういう風にキリがないわけです。
つまり何が正解か正当かなんて、時代によって変わってくるので議論すること自体ナンセンスなのです




そもそも今の大御所だって、その地位になるまで何か慣例を破って、あるいは生み出してそのジャンルの中で生き残ってきたはず。あまりそういうことは言わない方が賢明かと思います。

そういうのを聞けば聞くほど「自分が前より評価されてないのが悔しいんだな」としか見えてこないのですから、不思議なものです。

批判をするってことは自分の芸を磨くことより、そっちに意識が行っちゃってるわけですからね。



落語なら柳家喬太郎、浪曲なら国本武春といった存在がいるからこそ、そのジャンルのファンや新たな担い手が出てくる可能性もあるわけです。それでその世界にハマった人にとっては、それが「正解」なのです。




つまるところ「人それぞれ」ということに落ち着くんじゃないかと思います。
「人それぞれ」ほどどこでも使えて、元も子もない意見もないですが、こればかりはしょうがない気がします。

とにかく「好きなものは好き」で良いんです。無理に流行に無理について行く必要もないでしょう。
ですが「あんなものを評価する人が信じられない」というのはダメかと。


私は年をとっても「あんなものは作品として成立してない」と認めないのではなく、「流行ってるけど、私は好きじゃない」という意見を素直に言えるようになったら良いなと思います。


 



このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


先日のカンブリア宮殿で、不二製油が特集されていた。
その中でも特にメインとして扱われていたのが、「大豆ミート」。

大豆を加工して、肉そっくりに仕上げている。これでハンバーグや唐揚げなどを作る。
これが体に優しくておいしい(大豆だと気づかない人も結構いる)と評判なのだそう。


大豆ミートは今のところ食べたことがないのだが、そんなに似てるのだろうか。
唐揚げとか食べてみたい。胸肉の唐揚げじゃダメだぞ、モモ肉の唐揚げを再現出来てないとまだまだだぞ




さてこの大豆ミート、人口増加にともなって牛や豚が不足するという予測から開発するようになったとのこと。これの実用化がどんどん進めば、輸入大国の日本にとっては大助かりという訳だ。

でも今の時点でここまで来ているということは、あと30年もしたら魚介類のほとんども大豆で再現できるようになっているのかもしれない。うなぎも大豆、フグも大豆。実際ウニは作ってたし。


パンも大豆から作ろうと頑張っていた。そしたらそのうち米とか麵も行けそうだ。
もっと進化したら、「大豆から落花生を作る」とかも出来たりして。

しまいにゃ「大豆から作った枝豆」「大豆から作った卵豆腐」見たいのも出てきたりして。
千葉真一が自分の真似をする関根勤の真似をする、みたいな話である。




でもそれが進みすぎて、今度は「こんなに大豆ばかりに頼っていると、将来大豆が不足してしまう」「輸入大豆に頼ることの危険性」なんて問題も出てくるかもしれない。

そしたら次はもうプランクトンとかになるのだろう。肉も野菜も魚も。
そこまで来たら、まるでドラえもんの映画の世界だ。



派手ではないものの、漫画で見た未来に少しづつ近づいてる気がする。


 



このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


大分前の話にはなってしまうんですが、札幌の厚別にあるゼビオが閉店しました。
確か去年の3月とかでしょうか。

スポーツ用品のためにここに来たことはそう多くないのですが、スキーを買いに行ったことがあります。高校生の時なのでもう10年ほど前のことになります。


そんなちょっとだけど想い出のある店がなくなるのは残念。ってことで、最後の姿を少し撮ってきました(約1年前に)!

閉店した店舗マニア」みたいのがどこかにいるかもしれないので、それをここに残しておこうと思います。マニアかどうかは置いといて、私はそういうの好きなので。



以前はニトリでしたが、移転に伴いゼビオが居抜き出店という形で開店。
なので出来た当初は、「でっかい用品店だなあ」と思ってました(全然行かないけど)。



DSC_2118



入口から入ると、すぐに階段があります。
1階は駐車場だけで、それより上が売り場という感じでしたね。

DSC_2120


階段から見える、スポーツとは何ら関係ない鹿のはく製っぽいやつ
ゼビオでは定番なのでしょうか。


DSC_2121


DSC_2122


売り場はこんな感じでした。ドラッグストアにも置かれてるようなプロテインも置いてるので、多分2階。お手ごろに買える食品系は、2階に置いてあった気がします。


当たり前ですが、別に老舗とかそういう類の店ではないので、懐かしさやレトロ感はありません。



DSC_2123



誰がモデルか分からない人形も売ってました
NBAのファンなら、誰なのか分かりますかね。


DSC_2124


これはなんだったけ。的っぽいのがありますが、何のために使われていたかは覚えていません。
というか真剣にゼビオを見たことがないので、こんなコーナーがあったのも知りませんでした。



DSC_2126


DSC_2125




子どものころは、この階段の大きさが結構楽しかったです。
大きいことは良いことだ。今札幌にはもっと大きめの用品店もありますが。

余談ですが「札幌」ではありますが、中心の札幌駅からはかなり遠くの新札幌駅の近くでした。
札幌はかなり広いので、何区かで大分違うのです。




歴史のある店なら写真や映像に残されることも多いのでしょうが、こういった店はそんなに気にされず、そっと閉店してしまうことが大半。そもそもチェーン店ですしね。

そんなわけで、私だけでも「昔この店があった」という、記憶を形に残しておきたいと思います。

ゼビオ厚別店、ありがとう



 









このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


亡くなった人を思い出すとき、その人の魂が束の間この世に戻ってくるという話を聞いた。悲しい思い出だと頬を、うれしい思い出だと肩を撫でていくんだそう。

素敵な考え方だと思う。故人を思い出すとき、こういうことを考えると、少し前を向けるかもしれない。本当に人が死ぬのは、人に忘れられた時なのだ



でもそうなると有名人は大変じゃないだろうか。なにしろ思い出される可能性が高い。

未だに志村けんなんか、話に出てくるのだから、日本全国色んなところを回らなきゃいけない。下手すりゃ天国にいる時間の方が少ないんじゃないだろうか

東村山を拠点に、話が出ればあちこちに飛んでいく。最近bossとドリフのコラボCMも公開されたからなおさら忙しいだろう。まあそれだけ大きな存在だったからしょうがないけど。



志村けんなら磯山さやか辺りが思い出してるときには、胸とか太股を撫でていきそうだ。その現象が何回も続き、磯山も「なんか誰かに撫でられてる気がする……」と疑い始める。

それで最終的に、ドアに顔をはめた変なおじさんが登場して、「このおじさん、変なんです!」「なんだキミは!!」「なんだチミは、ってか!」の流れ。

やっぱり志村けんだとこういうことを考えてしまう。



 





このエントリーをはてなブックマークに追加

ebekoです。


森喜朗の女性差別発言が、批判を受けてますね。会長を辞任せざるを得ない勢いです。
私は辞任した方がいいと思いますけどね。こんなタイプの人を代表にするのは間違ってます。

時代にそぐわないというより、そもそもこんな人に組織のトップやらせる理由が分かりません
下がついてくるのか、って感じです。


盛り


しかしでも、逆にすごいと思いませんか。

知らない人もいるかもしれませんが、この人20年近く前は総理大臣やってたんですよ。小泉の前に。
そしてその時も失言連発で、内閣支持率を9%にまで落としていました。何も変わってません。

いくら報道機関がどうこうしたって、普通ここまで失言って生まれませんよ。
要は元々失言・放言が多いってことです(無意識だからなお厄介)。



そしてここまでやらかした人が、未だに影響力を持ち続けていることが驚きです。半ばグレてた早稲田のラグビー部員がここまでなれるもんなんですね。

時代を鑑みるに、一応同大学の雄弁会(弁論部、有名政治家を多数排出)出身というのもあるでしょうけどね。弁論より日頃の言葉遣いと思考能力を鍛えろや、と思いますが。




考えてみりゃ「田中角栄は気にくわない」との理由で距離を置き、福田派入り。

その後は「安倍(晋太郎)派四天王」となって、ついには幹事長や派閥の領袖となり、自分が総理になったあとでさらに自派閥から総理を3人出してるんですから、経歴だけはすごいんです


失言を補って余りあるほどの政治能力があったんでしょうかね。普通総理としてあんななら、もう表舞台には出てこないはずですよ。私だったら出ていきません。後ろめたくてカッコ悪いので。

そのころを知っている人は「この人は、こういう人だから(諦め、もはやギャグ扱い)」で流す人いますが、改めて「こんなのは許されない」と声をあげる人が大勢いたのは、いい流れではないでしょうか。


もうこの年でこの考えを改めるなんてのも無理そうなので、さっさと退場してもらうのがてっとりばやいです。

今考えると、森が80年代に「ネオリーダー」として、官房長官候補に挙げられてたのがおかしくてたまりません。こんなのがスポークスマンやったら内閣壊れるわ




しかし森はこのままだと「プチ中曽根」みたいな存在になっていきそうです。存命の長老だからというだけで、無駄に発言に注目されたりして。 

下手すりゃ103位まで生きそうな図太さも感じるもん。


 



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ