ebekoです。


今日は「プリキュアオールスターズメモリーズ」を観に行ってきました!
数日前から「今回はやばい」とかいうツイートを見たので、これは見に行かねばと思いましてね。
こうやってファンの皆様に喜んでもらえるのはシリーズ総合監督として、嬉しいものです

今回の映画の主人公は、現行の「Hugっとプリキュア!」と初代の「ふたりはプリキュア」のキャラクターです。15周年ということで今の子供にもかつてプリキュアを見ていた人にも楽しめる作品を目指したとのこと。


さて内容についても少し書きたいと思います(ネタバレしない程度に)。
ぶっちゃけ開始数分で泣きましたね。80分しかないのに泣きまくりでした。
なんというかネタバレを避けるために細かいことは言えないんですけど、一つ一つのセリフやシーンが心に刺さってくるんですよ。「エモい」ってこういうことなのかと実感しました。
一番最初に泣いたシーンは、映画館内で踊ってたカメラ男がパトランプの男に捕まったシーンですね

まあこの辺は皆さんも知ってると思うんですが、「母さん、あの麦わら帽子覚えていますか」とキュアブラックが語りかけながら始まるんですよ。
キュアホワイトもいつものように「ヒトミちゃん、お茶」とか言ってましたし。この辺は日常パート。
でもどんどんその日常に暗雲が立ち込めていきまして……。


なによりピンチだなと思ったのが、プリキュアが全滅するんですよ、ブロリーが予想以上に強すぎてね。べジータなんかボッコボコにされてましたからね。
ピンチに陥ったキュアエールが「助けてくださーーい!!!」と叫ぶシーンも泣けました。しかしその後に「お前ら許さんぜよ!!」と奮い立つシーンは鳥肌ものでした。

しかしピンチになったら子供たちがミラクルライトを振って応援するんですよ。それがプリキュアの大きなパワーになるわけです。
ただ「プリキュア」と普通に発音できる子供が丁寧に「ぷいくあー、がんばえー」としっかり言ってたのには笑いましたけどね。なんで子供側が寄せてんだよ

最終的には「お父さんもお母さんもここにはいない」と千が見事に当てて、現実世界へ無事戻れたっていうね。
いやあ、内容をここまで覚えてる映画も久しぶりです



これだけは強調したいんですけども、後半はずっと鳥肌がたってましたね。感動がすごすぎて。なにせ歴代のプリキュア大集合ですからね。
私は今回が7作品目なので、まだまだライト層なんですけども、それでもめちゃくちゃ感動いたしました。
小さいころからずっと見続けている人の感動は計り知れないんじゃないかと思います。大人の女性も何人か来てましたけど、やっぱり泣いてましたね。
一言で言うと、全編クライマックスです

余談ですが今日は仕事終わりに観に行ったんですけど、見終わった後は何かの魔法がかかったように疲れが吹っ飛んでいたんですよ。なんと不思議なことでしょう。
プリキュアのパワーをもらえたのかもしれません。プリキュアのパワーはやはり偉大です。

あともう一つ嬉しいことに


DSC_1298


帰りに寄ったゲームセンターでモフルンもお迎え出来ました。運が良かったのかなんと200円で取れました。モフルンもうちに来たかったのでしょう。
どうぞ皆さん、今後は私をキュアミラクルとおよび下さい
いやあ最高の一日でした。


一個残念な点を言わせてもらえば、コストの問題で全てのプリキュアの声優が市原悦子だったことですかね。日本昔ばなしにしか聞こえませんでした。


プリキュアの思い出があるみなさん、ぜひ見に行ってはいかがでしょうか。