ebekoです。


札幌では、「よさこいソーラン祭り」が盛大に開催されています。
でもそんなに盛大な祭りの割に、案外宣伝しないんですよね。「あれ?もうそんな時期か」みたいな感じで始まってて。
ひどい時にゃテレビで最終結果発表してるのを見て、やってたことを気付きます

しかし札幌が相当力を入れている祭りではあります。
コンビニに行くと、「よさこいガイド」も売ってるくらいですし、「平岸天神」(10回くらい優勝したことあるチーム)くらいになると名前くらいは聞いたことあるって人はそこそこいます。

ただよさこいが生まれたのは、高知県なんです。それがなぜ、遠く離れた北海道の文化の一つとなったか御存じですか?

私は知りません。自分で調べてください


yosakoi




調べたら来場者数が187万人ですって(2014年データ)。そんなに来てたのかこの祭り。
187万人ってことは、一人一本ずつ300円の焼きとうきび食べただけで5億6100万円の経済効果ですよ。
さらに言えば、祭のグッズやら「水曜どうでしょう」のDVDなんて買って帰ろうものなら、すぐに100億円以上の経済効果ですよ。

そんなに儲かるんだったら、私も便乗して商売始めましょうかね。
「よさこいコロッケ」「よさこい唐揚げ」「よさこいポテト」とか名付けときゃそれなりに売れるでしょ。
もっと儲けたけりゃ「よさこい投資マンション」「よさこいダイヤモンド」とかね。


それが上手く行ったら「よさコイン」っていう仮想通貨作ってみたいですね。
よさこいソーラン祭りの発展のために作られたコイン。それがよさコイン。
特別な技術とかはないんですが、皆さんのよさこい愛が大きければ大きいほど、価値が上がります……なんて。

上がりまくったところで売ります。株の考え方で行くと最終日前日がよさそうですね。
そして捕まると思います。



私はよさこい愛が全くないので、これくらいのことしか書けません。
今日はこれまで。