ebekoです。


今日は久しぶりにゲオでDVDを借りてきました。

DSC_1568



「ミュウツ―の逆襲」「あぶない刑事 フォーエヴァー」「魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身キュアモフルン」「サンドウィッチマン ライブツアー2015」の4本。
どれも名作ですね。


特にキュアモフルンとあぶない刑事は面白かったですね。
キュアモフルンは劇場にも観に行きました。でももう一回見たいなと思いまして。
ストーリーは願いをかなえる石をモフルンが手に入れて、それを奪おうとする敵と戦うみたいな感じです。


DSC_1569



DSC_1570



あぶない刑事はどの作品もハズレがありません。今回見たのも派手なアクションシーンがたっぷり。
ただし毎回、乗り込む→怒られる→隙をついてまた行く→怒られる→でもまた行く→解決の繰り返しですけどね。

タカ(舘ひろし)とユージ(柴田恭兵)よりもある意味目立ってるのが、浅野温子ね。
あんなやつが最終的に警部になれる港署は、よっぽど人がいないのでしょうか。
でもあれだけはっちゃけられるのなら、演じるのも力が入るってもんです。

学芸会であぶない刑事をやることになったら、私は絶対浅野温子役に立候補してましたね。派手な恰好して「ア”ッ”!!」とか言いたいもの。
そして木の実ナナに引っ張られていくのです。楽しいだろうなあ。



ところでこの二つの作品は、メインヒーローが二人組という部分が共通しております。キュアモフルンならみらいとリコ(はーちゃんもいるけど)。あぶ刑事はタカとユージ。
そして最終的には絶対敵をやっつけます。さらに言えばどちらも超人的な能力を持っています。

見ているうちにこの二人、逆でも良いんじゃないかと思えてきました
悪い魔法に拳銃とバイクで立ち向かうタカとユージ。横浜の暴力団に立ち向かうみらいとリコ。
明らかにワールドが違うのに、どっちも勝てそうな気がします。タカが岩山を出されようがバイクで登ってく姿が見える見える


あんまり体調が良くなかったので、そんな一日を過ごしました。以上です。