ebekoです。


大人になってから、寝ることが好きになってきた。早寝とかではなく主に二度寝
小学生の時は寝る時間を削って、ログイン時間制限のあるネットゲームをやっていたのに。

ところで、寝るのが好きと言っても、寝ることそのものが気持ちいいわけではない。
「ああ、寝ちゃう」って時のふわふわした時間が好きなのだ。それが二度寝だと味わいやすい。



だから一瞬で寝ちゃった時は損した気分になる。一番おいしいところが楽しめなかったと。
寝たのに体も頭もすっきりしてない時なんか最悪だ。

疲れすぎてると、そのおいしいところをすっ飛ばして夢を見てしまう。


人によって違うのだろうが、私の場合徐々に瞼が重くなってきて、力が抜けていく。
頭で考えたことがすぐに目の前に映像として現れるようになると、「もう寝るな」とわかる。

死ぬ時も願わくば、あの感覚の延長線上で死にたいものである。




ひょっとすると覚せい剤や麻薬で、あの感覚を楽しめるのかもしれない。それなら依存者が出るのも納得だ。あの感覚になれると聞いて、1回体験した人が拒否できるとは思えない。


そういえば「怪物くん」にも、そんな気持ちの良い状態にさせて動けなくしてしまうシャボン玉を操る魔物が出てきた。依存者を増やすって厄介な魔物だな。しかも相手が子供なだけに。