桃太郎電鉄は貧乏神が主役と言われることが多い。お邪魔キャラだが貧乏神がいるからこそゲームが盛り上がるからだ。

しかし私はもう一人「影の主役」がいると思う。それは、社長秘書である。


カード入手時に説明をするのが秘書。歴史ヒーローの紹介をするのも秘書。借金を背負った時「どの物件を売りましょうか?」と聞いてくるのも秘書……と、姿は一切見えないものの出番は非常に多い。

社長(プレイヤー本人)があまりしゃべれない代わりに、気持ちや疑問を代弁してくれるのが秘書なのである。ここまで前面に出てくる秘書いないだろう。



シリーズによってはジェット機の操縦や、モモトラマンを呼び出したり(銀河鉄道カード)。マイナス駅の被害を10倍にしてしまい辞表を出そうとする。

その他勝手に持ち金全額を地域に寄付するなど、犯罪になりかねないことまでするが、よく笑い、泣き、怒り、調子に乗る、かわいい人物である。現実じゃとても秘書が務まりそうではないが。


ただこの姿も分からない秘書、シリーズ通して同一人物という訳ではない。ゲームの所々のメッセージから複数人いることが分かっているのだ。

制作陣は秘書についてそこまで考えてない気もするが、想像で「秘書が変わったタイミング」を考えてみようと思う。そこで色々な手掛かりを集めてみた。

Ⅱ~HAPPY以前を持っていないので7以降の考察だけで勘弁してほしいですが。


2020の攻略トップはこちら



<7~12までの手がかり>

・V 刀狩りカード「今回から相手の指定が出来るようになりました!」→少なくとも7と同じ秘書

・X テレポートカード「今回から相手を指定できるようになりました!」→Vと同じ秘書

・Xで乗っ取りカードが種類別に復活したが、以前乗っ取りカードが1種類であったことに触れない。
つまり、HAPPY以前とは違う秘書の可能性がある。

・11で福袋カードが復活している.。HAPPYからの復活について触れそうだが、そのことに触れないのならHAPPYとは違う秘書の可能性が高い。そうなると7と同じ秘書である。

※ただし11は持っていないため未確認。


・12 ブロックカード「今回は一枚しか持てません!独走した時は何枚も買ったものですな」
&モモトラマンカード「今回は4年間何度でも出動してくれます!」→11と同じ秘書ではないか?

・12 乗っ取りカード 7とVで姿をいったん消す以前、同じ額で乗っ取ることが出来てたこと(さらに前は無料で乗っ取れてた)に触れない。



少ないがこのようにつないでいくと、ここまでの手がかりで、7~12まで秘書は変わっていないという見方が出来る




<USA~Gまでの手がかり>


・USAのレッドカード「日本では見なくなったと思っていたレッドカードがどっこいアメリカにはありましたな」11にはないことと、それ以前はあったことを知っている→少なくともX以前からの秘書

・ぶっとびカード「日本よりぼりぼりがりがり気軽に飛びましょう!」

・最寄りの駅「銀河鉄道上でも使えるように……!」

・M&A「名前がかっちょよくなりました!」→乗っ取りカードという名前と使用方法を知っている。

・たいらのまさ「アベレージカードになると思ったんですがね!」→新人ではない。

・キングボンビー登場時「アメリカ人はキングボンビーの脅威を知りませんから……、研究所がありませ~ん!うげほんにゃらげぇ……私何も思いつきません!おろろん!!」→12と同じ秘書?


・G 猪突猛進カード「前回は海路では使えませんでしたが、イノシシが時速3km程度で泳いでいる写真がありました」→12と同じ秘書では?



レッドカードが大きな手がかりとなった。このコメントから、X~USAが同じ秘書ということが分かった。特に12とUSAが同じなのはほぼ確定だろう。

つまりほぼ確実に7~USAも同じ秘書と考えられる



<15と16の手がかり>


16のパトカード「いやぁ!噂には聞いていましたが私見るのは初めてです!」→以前パトカードが存在していた、HAPPYとは違う秘書なのが確実


・スペシャルカードなど「今回から〇進めるカードやスペシャルカードは便利系に入ることになりました!これも行政改革でしょうか?」

・ダビングカード「エンジェルやデビルも出来るようになりました」

・バキュームカード「3回くらい使えるようになりました!」

・渡りに船カード「今回から港だけではなく、海路でも使えるようになりました!」

・減反政策と幸福な王子「今回からはイベントで出てしまうので怖い存在になりましたな!」



→この5つから新人ではないことが確定。そして15と16は同じ秘書の可能性が高い。

ただしUSAと15の秘書をつなぐ情報は今のところ未確認。別人である証拠も同一人物である証拠もない。




<20周年~2017までの手がかり>

・2010「今回源義経殿は平泉にはいないようです!どこに行ったんでしょうね」→義経が20周年に登場したことを知っているので、20周年と同じ秘書

・電車伝助イベント「線路を作るだけの男ではないのか!?」→以前のシリーズのことを知っている


・WORLDでのぶっとび「このためにジェット機操縦の免許を取得してきました!」前作である2010と同じ可能性が高い。


・2017の武器よさらば「今回から、他の社長さんの妨害系カードのみ消せますぞ!恐ろしい!」

・2017のダビング「ダビングした直後から動けます!」→以前のダビングカードについて知っている。

・2017のもしかしたら「失敗してももう一度動けます!」もしかしたらがその前に登場したのは15である。→15とは同じ秘書では?


これらの手がかりから、15~2017までは同じ秘書である可能性が高い



<2020>

最新作の2020(令和)なのだが、2017でも説明してたこととほぼ同一の内容をもう一度言う。なのでひょっとして引継ぎして変わったのでは?と思っている。


・ロイヤルEXをゲットした時、以前の名前であるグランクラスのことには一切触れない。かつてオレンジカードが急行周遊に変わった時はその説明があったのに。

・ゴールドもダビングできるようになりました!→新しいメッセージだが微妙な気もする。桃鉄でゴールドがダビングできないのは基本的なことだったから。

・パトカードが「お目にかかるの初めて!」と16と同じセリフ。→2017から変わっている説が有力ではないかと見る

・スペシャルズ→文字数がどうのこうの。でもそれなら2010のスペシャルセット3の存在に触れても良い気もする(やや手がかりとしては弱いかもしれないけど)。


つまり2020に登場したのは、完全な新人という見方が出来る




よって私の意見としては、現在までに3人の秘書が存在していたと主張したい


1人目の秘書:初代~HAPPYまで

2人目の秘書:7~2017まで

3人目の秘書:2020(令和)

である。



秘書担当から外れて戻ってきた人がいるとか、1人しかいないように見えて秘書が複数人いるという可能性や、上手に引継ぎをしているという可能性はあるが、それはまあ置いといて。

どこか重要な証言を見逃していたら、さらに秘書の数は増えているのかもしれない。
とりあえず、秘書は複数人いたとご理解できただろうか。



余談だが、この秘書の言葉が私の中ではキャラや口調から、バカ殿様のご家老の桑野で再生される
勝手に男性だと思っているが、もし女性なら宇佐美いちかか(キラキラ☆プリキュアアラモード)。

「ですぞ!」とか言ってる影響が大きいかもしれない。
女湯で喜んでるから男性だとは思うんだけど。