ebekoです。


宣言した通り、簿記をこつこつ勉強している。試験が終わった後、結局1週間ほど間をあけてしまったが。前も書いた通り、仕組みを理解するのが重要な科目は記憶が残ってるうちにやったほうが良い。

さて工業簿記からやり直しているのだが、今苦戦してるのは製造間接費のシュラッター図。仕組みも大事なのだが、まず図の書き方自体を暗記しないとどうにもならない。

学校の数学や理科でも図を書くのに苦戦していた私にとっては、かなりの鬼門である。





まあまだ1周目(本当は2周目だが、全然頭に入ってなかったのでノーカウントとする)なので、地道にやっていこうと思う。あとは価格差異とか数量差異とかの図も書けるようになれば、大分気分も乗ってきそうだ。

嬉しいことに、そのあとに出てくるCVP分析は、中学校の数学レベルなので非常に楽。なので実はしっかり勉強しなきゃいけない範囲はちょっと減るのだ。良かった。


でも本当にきついのは商業簿記らしい。ああやだやだ。




さて独学で簿記をやっていて思うのは、テキストの重要性だ。前は知人からもらったテキストを使っていたのだが、そのテキストが私に合わなかったため大変苦労した。全然解き方が入ってこなかった。

というか、数年前に簿記2級の範囲と内容が大分変更されていたので、買いなおした。
それに気づいたのは試験の3週間前。遅い。


特に簿記3級と2級は色々なのがあるので、どれを買おうか迷う。

「累計売上No.1!」みたいな帯のテキストもあるけど、単純に他のより昔から発行されてるから累計部数が多いだけで、微妙なものもあったりするのだ(主観だけど)。



そういう時は、資格関係の取り扱いテキストが少ない書店に行くか(ゲオとか)、紀伊国屋のような巨大な店舗のどちらかを狙ったほうが良い。経験上こう思っている。


多い書店は、当然だが多くのテキストがとりあえずは揃っているので、見比べることが出来る。まあこれは大体わかるだろう。というか、ほとんどの人がそうしてると思う。

だが舐めてはいけない。少ない書店は、本当に今現在売れているやつ(1つのシリーズのみ)しか置かないことが多い。つまり本当に厳選して置かれているのだ


逆に、中途半端な品ぞろえの本屋(スーパーに入ってるようなやつ)だと、そういう「簿記参考書売り上げランキング1位!」みたいのがずらっと置かれているだけで、惑わされるし悩む(あくまで主観)。



何かテキストを買う際は参考にしてください。