ebekoです。


田村正和が亡くなった。名優が去るのは残念だ。
だが引退時すでに痩せこけていたので、本人もある程度死期を悟っていたのかもしれない。

今となっては、引退した後どうしていたのか気になる。
やっぱり麦とホップがぶがぶ飲んでいたんだろうか。中にクリープ入れて。



私が思うに古畑任三郎は、彼自身の内面から出るミステリアスさがあってこその作品だったと思う。
あれを本格的に誰かが継ぐというのは、相当難しいだろう。

しかし俳優として大きな代表作があり、真似もされるほどキャラクター性があったのだから、きっと後世に語り継がれる存在になるに違いない。


huruhata



さて、ものまねやエピソードによって、リアルタイムでの活躍を知らない世代にも語り継がれている芸能人が一定数いる。
亡くなったその田村正和も、その枠に入るんじゃないか。

ただ故人は新たに姿を見せることはないので、生前のインパクトが重要
その道のプロとしてトップに立った人でも、何か特徴がないと、一般人全体の記憶に受け継がれていくのは難しいと思う。


私が勝手に残っていくと思うのはこの人たち。



<ものまねによって、残っていく人>

・美空ひばり
・田中邦衛
・淡谷のり子
・いかりや長介
・志村けん
・ジャイアント馬場
・渥美清
・滝口順平(ドクロベエ)


大河内伝次郎も、30年前くらいなら結構ものまねで知られていたかも。笑点で木久扇がやってたし。
まだ存命だけど、この先森進一とかも残っていきそう。
ハスキーものまねと言えばこの人、ということで。



<エピソードによって、残っていく人>

・田中角栄(仕事術、人心掌握術、ロッキード事件)
・野村克也(野村再生工場)
・立川談志(独自の落語論、破天荒っぷり)
・横山やすし(問題児)
・やしきたかじん(問題児)
・勝新太郎(パンツにコカ〇ン)
・荒井注(カラオケ店を開業したが、入り口が小さくて機械を入れられなかった


大半色々しでかした人ですが、インパクトには残ります。
むしろ「こんなこともやったが、今考えるとすごい人だった」というスパイス要素に。

正統派の名人である志ん朝より、談志が一般大衆の記憶に凝っているのは、そういうことだ。



田村正和は古畑という大きな作品を残しただけでも、すごい俳優だった(シャイだから、それ以外のテレビには出なかったけど)。
ぜひ後世に語り継がれてほしい。





私は荒井注ネタが大好きなので、何度でも使います