ebekoです。


仕事やその他もろもろが一段落したので、簿記の勉強を再開した。
思ったより忙しかったため、1か月弱くらいほっといてしまったかもしれない。

そしたらまあ、記憶が抜けている。
連結決算の辺りの仕訳なんか何度もやったのに、最後の方が分からない。


工業簿記はまだ良いけど、商業簿記の複雑な部分が大分ダメだ。
アップストリームとかに至っては、もはや勘定科目が出てこない。



やっぱりこういった表、計算、図がともなう問題は毎日継続しないと、すぐに忘れてしまう。
それは私の根が文系だからだろうか。

暗記とかは結構できるんだけどなあ。
好きな分野だったらなおさら。昔読んだ伝記の内容も割と覚えてるし。




でも簿記をこうして学習するうちに、なんとなく企業が発表したバランスシートや貸借対照表が読めるようになってきて、なかなか面白い。

先日届いた「株主総会案内」というのにも、そういうのが載っていたから前よりも興味が持てた。
ここまで来て辞めるのももったいないので、きっちりとやり遂げたい。

さて、ここから合格まで何か月かかるやら。
今日はふざけないで、真面目なことを書きました





そういや先日行われた、新しい試験形態の簿記試験は非常に難易度が高かったとのこと。
特に難しかったのが3級試験で、時間内に全問解けなかったという人が続出。

良かった、その前に3級取っといて。