ebekoです。


先日、課長が定年退職していて、そんな年だったのかと思ったことを書いた。
まあ見た目だけではなかなかわからないし、そんなこともあるのだろうと思っていた。

しかしよく確認すると、課長はまだ会社にいた。
ただし小さい部門の平社員としてである。係長ですらないのだ。


おそらく課長から数えると2、3段階は降格している。いったい何があったのだろうか。
よほどのことがないと、そこまで降格されないはず。

しかもかつての部下の下で働いてるそう(部下は前と変わらず係長なので)。
お互いやりにくくないのだろうか。



でも私の知る限りあまり出世欲のある課長でなく、いつも「俺は上から好かれてないから」と言っていた。
自ら志願して降格になっただけ、と思いたい。


会社自体、課長だった人が係長に下げられたり、担当部長が課長補佐に格下げされるということが頻繁にあったから、気にすることでもないのかも。

どれだけ偉くなれるかも、経営陣から気に入られてるかで決まってた節もあるし。
昇格したところで結果を出せなかったり、気に入られなかったらまた下がるのだ。

ゆくゆくは最近昇格した人たちも、そういう目に合うのかもしれない。





私も30年ほど経って、同じ立場になったら分かる時が来るのだろう。
会社員としてどう生きるかについて。

でも私は金が欲しいから、バンバンゴマをする予定だ