ebekoです。


「水曜日のダウンタウン」の企画で、8人の声優さんがプロのものまね芸人の指導を受けて、ものまねを披露していた。

その名も「声優モノマネ代理戦争」。
トーナメント戦にして二つネタを用意するという、やる側にとってはなかなかの難易度

そして売れっ子も多く、「よく集まったなあ」という感想。
中には、ものまねが割とうまいというか特技に入れている声優さんも混じっていた(ラジオなどで確認した限り)。



そして優勝したのは、武内駿輔さん(コーチは神奈月)。
確か前からものまねが上手いと聞いていたので、納得である。

ただ私としてはその武内さんに負けてしまった、福原綾香さんにポテンシャルを感じた。
福原さんも割とものまねレパートリーを持っている方なのだ(水田版ドラえもん&大原版のび太を以前披露していた)。




指導したものまね芸人や準備時間にもよるだろうが、中島みゆき以外にもっと向いてるものまねはあったと思う。

中島みゆきほどのドスの利いた声は難しいかもしれないが、割と低くてきれいな声も出る方なので、五輪真弓あたり行けたんじゃないだろうか。


その他「練習したら出来そうじゃない?」と思ったのが、


・大黒摩季
・広瀬香美
・Superfly
・山口百恵
・伊藤咲子
・黛ジュン
・雪村いづみ


あたり。
ただ歌手自体を知らないと、そりゃ無理だが。

でもせっかくプロの指導を受けたのだから、技を磨いてどこかでまた見せてもらえる日が来ることを楽しみにしている。




ところで、山寺宏一さんは「最初はものまね芸人になりたかったけど、声優になった」とどこかで話していたが、もうひとりくらいそんな人が現れないだろうか。

ものまね王座とか大好きで、最近の曲だけじゃなく歌謡曲にも詳しい人。
そんな人が出てきたら応援するよ。



でも新人声優で「特技:ものまね」と書いてあってレパートリーが「森進一、五木ひろし、谷村新司、美空ひばり」とかだと、そういう方向でしか売れない気もする

やっぱ売り出すのにはある程度新人っぽさも必要だよなあ。
渋さはいらない。