ebekoです。
ヒカキンってまだ32だったんですね。勝手に40近いのかと思ってました。



世界史で習った人物の中に、エドワード黒太子がいる。
業績は覚えていないが、その名前の厨二病感から名前だけ記憶には残っていた。

復習のため調べると、イングランドの王太子で百年戦争で活躍した人ということだった。
しかし贅沢を好んだため、国の財政をひっ迫させてしまったという面もある。

典型的な暴れ者感がする。世界史版のジャイアンみたい


黒太子



さて、引っかかったのがその由来。
授業で習ったはずだが、それがどうも違っている。


私は「黒太子の由来は、戦場で多くの人を殺し、返り血で鎧が黒くなったから」と習ったはずだが、ウィキペディアにそんな記述はなく、「特に黒っぽく見える鎧だったから」としか書いてない。

なんなら「そもそも黒太子と呼ばれた記録自体残っておらず、後世での呼び名の可能性が高い」らしい。
黒太子なんて名前で期待させといて、それは肩透かしにならないか。



そんなんで黒太子でいいなら、赤いの着るだけで赤太子、黄色いの着てたら黄太子じゃないか。
正直そのパターンは黄巾の乱、紅巾の乱で飽きてんだよ

どうせなら明るい性格に仕立て上げてくれれば、「エドワード明太子」になっただろうに。
めんたいパークで売ってそう。





今のところつまんないから、私は「松崎しげる並みに黒かった」という理由か「円楽くらい腹黒かった」という根も葉もない説を広めていこうと思う。

嘘も百回言えば真実になるかもしれないし。