ebekoです。


ふとランジャタイ国崎みたいな芸風になりたいな、と思った。
滑る時はそれはそれは滑るだろうが、ハマればとんでもなく受ける。

100か0だが、うまく行けば全員を飲み込み、場を支配できる。
賞レースでは不利かもしれないが、良くも悪くも印象は絶対残る。


圧倒的に「記録より記憶」の芸人である。
賞レースやテレビの実績を積み上げて売れていく芸人が大半の中、この売れ方はカッコいいと思う。




何が強いって、どれだけ訳の分からないことを言っても、「まあ国崎だしな」で許されるので、平場でもある意味無敵(もちろん実力あってのことだが)。

昨日の「くりぃむナンチャラ」を見ていてそう思った。
スベりまくる、さらば森田(珍しい)とナダルを気にせず、国崎らしいボケでウケを取っていたのがすごかった。


國崎



ただ国崎路線で行くとなると、完全にその路線とキャラ一本に絞らなくてはいけないのが難しい
急にツッコミに回るとか、弱みや素に戻った姿を見せてはいけないのだ

どちらかというと私はツッコミキャラなので、そこが悩みどころ。
やるなら今までの自分をすべて捨てなくてはいけない。



ただその点に気を付けているのは、本人もだと思う。

そのキャラと芸風を壊さないためか、国崎本人も笑うことはあっても、泣くところと怒るところは見せないとか、それなりにブランディングしている(はず)。


食レポの仕事が来ても「真面目なこと言いませんけど、大丈夫ですか」と確認を取っているらしい。
その覚悟であのキャラを維持しているのである。

最近だと、今までミステリアスやシュール枠だった芸人(トム・ブラウンとか)が、有吉の壁で必死になったり素を見せるようになってきているが、キャラが壊れるのでそれもタブーだろう。


かつて東八郎(東MAXの父で、欽ちゃんの師匠)が言っていた「芸人は頭が良いと思われちゃおしまい」に通ずるものがあると思う。
国崎道は厳しいのである。





素人の私ですらこう思うのだから、今のお笑い養成所には「第二の国崎」を目指している人がたくさんいるんだろうな、とも思う。
ああいう笑いの取り方というか、ああいう生き方をしてみたい。

ただ会社では真面目にふるまっといて影であんなキャラ目指したら、どこかで精神がおかしくなりそうな気もする