ebekoです。


山崎製パンの人気商品、薄皮ミニパンシリーズの内容量が5個から4個に減るとのこと。
それでもまだお得感はあるが、やはり1個減るのは残念。

いや、1個減って値段が据え置きなら、単純に25%の値上げか
そう考えるとめちゃくちゃ高くなるな。

薄皮パン


ちなみに、この調子で内容量が減って行くと、2111年にはパンの個数が0となり、外側のパッケージだけ売り場に並ぶようになるとのこと

ツイッターで見たネタだが、こういうタイプのボケ好き。



昭和の漫才師、春日三球・照代が昔似たようなネタをしていた。
当時バスの運賃が年々値上がりしていたことを題材に、「そのうち運転手さんもいなくなって料金倍になる」「しまいにゃバスも来なくなって、お金だけ取られる」って。

完全にバカが解いた計算ドリルである。





似たようなパンがコンビニでも売っているが、何かが違う。薄皮パンには勝てない。
やはり一番おいしいのはこのシリーズだ。

パーティー用に、このパンの詰め合わせとかあったら売れそうだと思うんだけど。
そんな大胆な売り方をしてくれないだろうか。正月とかお盆とかに。




ところで山崎製パンの創業者って山崎さんじゃないって知ってた?