ebekoです。


昭和の名コメディアン、三波伸介。
歌も歌うし、コントもするし、笑点をはじめとした番組の司会も務めるなど、急死する直前まで活躍していた。



さて、三波は「お笑いオンステージ」という番組の「減点パパ(減点ファミリー)」というコーナーで、芸能人の子供にお父さんやお母さんの特徴を聞きながら、想像して似顔絵を書く、という芸を披露していた

この似顔絵がまたすごく似ているのだ。





三波のことが大好きだった爆笑問題太田は、それが記憶に残っていたらしい。

ただ「誰かわからないのに、なんであんなに上手く描けるんですかね?」と高田文夫に聞いたところ、「誰来るか知ってるに決まってんだろ!!」と言われたとのこと。

まあ普通は、司会者がゲストについて何も聞いてないなんてことはないよな。




ただ、仮に来るゲストを知っていたとしても、相当上手いと思う。
だって何も見ないでホワイトボードに描いちゃうんだから


いかりや

いかりや長介、


増田


増田喜頓(昔、大場久美子と一緒にアコムのCMに出てた人)、


鳳

鳳圭介(京唄子の元旦那)。





全員昔の人だから(そもそも全員鬼籍に入ってる)、読者は知らない人ばかりだろう。
でもなんとなく「こんな顔の人がいたんだな」というのは、伝わると思う。



ただ

ケーシー


ケーシー高峰はやりすぎ
さすがに、こんなにブツブツじゃねえよ。